TOP

風俗で当たりを引いたときの物語を語ります

制服プレイがしたかったのに…

シャワーから出てきてまずは裸のままでベッドインです。でもイメクラなのに裸でベッドイン?と思っていると、嬢は「制服着たままが良かったですか?」なんて聞いてくるんです。当たり前だろうが!と怒鳴りたくなったのですが、そこはちょっと大人の男を演じます。「どっちでも俺は良いよ。君の好きなようにしたら良いよ」そう言っておけば気を利かせて制服に着替えてくれると思ったんです。でも嬢は「あ、そうですか。じゃあこのままでいいですね」なんて言って布団に潜っていきました。正直イラッとしましたが、まあ我慢です。なんだかイライラするな…と思っていると、布団の中でチンポをしゃぶってきたんです。あり得ない勢いでしゃぶってくるのでいきなり攻撃的過ぎるだろ!と心の中で突っ込みます。そしてディープスロートです。半端じゃないバキュームと喉奥でのフェラに私のチンポはもうビンビンです。我慢できないくらいに勃起して、そのまま発射までしてしまいました。結局期待していた制服プレイはありませんでしたね。

ムラムラして気がついたらホテヘルへ

昼間っからエッチなサイトを見ていたら、なんだかムラムラ。どうしようも行き場のない性欲を抑えきれずに、気がついたらホテヘルへと足が向いていました。まずはお店で受付を済ませ、女の子を選び、指定されたホテルへ。もうこの時間で30分ほどは我慢しているから、我慢も限界寸前・・・というところにノックの音が。待ちに待っていた女の子だから、飛び掛るようにドアノブへ。立っていたのはそこそこのルックス。もう我慢が出来ないから、挨拶も適当に早速すぐにプレーを開始してもらい、どんどんと攻めてもらいました。瞬時に発射思想になったけれど、ここで出したらもったいないと一度我慢、自分でも気持ちを紛らわせながらピークをしばらく堪能。この嬢もそんな俺の様子を分かったのか分からないのか、上手くじらしてくれる。そんな焦らしながらのプレーをしたもんだから、最後がものすごく気持ちが良かった。ホテヘルなら完全にプライバシーが守られてるから安心してプレーが出来るね。

気の強い女の子でした

先日利用したデリヘルでの話です。最高な黒いギャルの女の子が今回は死ぬほど感じさせてくれました。彼女はどんな感じかというと見た目は香里奈さんみたいな感じで気がかなり強そうな女の子です。やってきたらいきなり自分を見てウケると笑っていました。最初は馬鹿にされているのかと思ったのですが、思いっきりチャックが開いているだけでした(笑)彼女は上手くリードしてくれましたのでこちらが気を使うようなことは一切ありませんでした。特に自分が良いと思ったのは彼女の口で咥えながら動かしてくれる手でした。ローションをつけてニチャニチャといやらしい音をさせながらやってくれるのですが、それが結構興奮するんです。最初はこちらも感じてばかりでいましたが途中から彼女を攻めたいと思うようになったので思い切って攻めてみましたがやはり彼女のテクニックに負けてそのままいかされてしまいました。次回はちゃんと攻めさせてあげると結構上から言われたのですが不思議と嫌ではなかったですね。